漁場環境保全対策推進事業(コイヘルペスウイルス病モニタリング調査)

漁場環境保全対策推進事業(コイヘルペスウイルス病モニタリング調査)

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H17~
年度2015
概要持続的養殖生産確保法で特定疾病に指定されているコイヘルペスウイルス病が平成15年に淀川始め全国的に発生し、大きな社会問題となった。府内の公共水域での発生は16年以降認められてないが、私有水面などでは17年に陽性が確認された。しかし、淀川に生息するコイはコイヘルペスウイルスに対する抗体価が著しく高く、ウイルスの保持が懸念され、再発の可能性は否定できないため、府内のコイヘルペスウイルス病の発生を監視する。、
研究分担水産研究部 内水面G
予算区分府委託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat