クリのクリシギゾウムシに対する(臭化メチル、ヨウ化メチルを用いない)防除技術の改良

クリのクリシギゾウムシに対する(臭化メチル、ヨウ化メチルを用いない)防除技術の改良

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:温湯処理と氷蔵(低温高湿度)処理を組み合わせることにより、防除効果が高く、品質の保持が可能な技術に改良する。、成果:①氷蔵(-2℃、湿度95%以上)期間を5日、7日にした場合、温湯処理時間はそれぞれ20分、15分と短縮できることを明らかにした。②栗専用乾燥機の実証試験を現地で行い、10分間で100kgの栗の乾燥が可能となり有用性を確認した。③布団等の保存用ポリ圧縮袋を用い、40分間温湯浸漬処理を行うことにより、栗を濡らさず乾燥工程が省略できる防除技術を示した。④風呂追い焚き用の簡易ヒーターを用い、50分間の温湯浸漬処理をすることによる小規模生産者向けの少量処理技術を示した。、
研究分担農業技術センター、病害虫部
予算区分受託、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat