ひょうご雪姫ポークとひょうご味どりへの飼料用米給与技術の開発

ひょうご雪姫ポークとひょうご味どりへの飼料用米給与技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要目的:飼料用米をひょうご雪姫ポークとひょうご味どりに給与し、飼料費の低減による低コスト生産によって生産物の販売拡大を図る。、成果:ひょうご味どりでは、雌雄平均体重は各区間に有意差はなかった。飼料要求率及びプロダクションスコアは50%区、75%区及び100%区が優れる傾向であった。もも肉の脂肪酸組成におけるオレイン酸割合及びモノ不飽和脂肪酸割合は、100%区が対照区に対して有意に高く、1羽当たり飼料費及び正肉100g当たり飼料費は100%区が最も少なかったことから、「ひょうご味どり」における肥育後期の飼料中のトウモロコシと全粒玄米との最適な代替割合は100%であると考えられた。
研究分担畜産技術センター家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030231937
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat