次世代大和肉鶏造成事業

次世代大和肉鶏造成事業

県名奈良県
研究機関名奈良県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~H30年度
年度2015
概要目的:奈良県特産地鶏「大和肉鶏」は開発から30年が経過。三元交雑や軍鶏の血を引くと言う特徴を残しつつ、生産性や肉質に優れ、危機管理面でも問題のない次世代大和肉鶏を開発する。、成果:、①雌系種鶏(一代雑種)の作成試験、前年度試験において課題となった候補鶏の過体重により、雌系一代雑種のふ化成績は劣悪な結果で、NB群のみを供試した。試験鶏群の過体重は制限給餌により防止でき、初産日齢はF1に遅れたが、産卵率は同等の成績となった。、②龍軍鶏ごろう(龍G)を雄系種鶏としたコマーシャル鶏の産肉試験、試験鶏は増体に優れ、13週齢で出荷に適した体重となった。飼料要求率は同期間の大和肉鶏より若干劣ったが、試験鶏はすでに出荷体重に達しており、経済性に優れていた。、
研究分担研究開発第1課
予算区分県単
業績(1)次世代「大和肉鶏」造成試験、 (1)交配鶏種の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat