熊野牛生産基盤強化のための繁殖技術の改良、、1)新規関連技術の情報取集、、2)収集技術の検証・改良

熊野牛生産基盤強化のための繁殖技術の改良、、1)新規関連技術の情報取集、、2)収集技術の検証・改良

県名和歌山県
研究機関名和歌山県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~37
年度2015
概要【目的】、黒毛和種繁殖経営において、子牛生産の安定化は常に強く求められているが、目標する一年一産は達成されていない状況にある。そこで、熊野牛繁殖農家の子牛生産基盤を強化するため、①様々な技術により形成される繁殖関連技術について、外部から新規情報収集を図る、②収集技術について場内で検証・改良を行い、新しい繁殖技術の県内繁殖農家への波及を目指す等、継続的に実施する。、[期待される成果]、・県酪農・肉用牛生産近代化計画における生産目標の達成(平成37年度)、繁殖雌牛の増頭 H27:570頭 → 目標:700頭、分娩間隔の短縮 H27:407日 → 目標:375日、・子牛供給不足解消による肥育農家の経営改善
研究分担大家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat