漁業資源・漁場調査と情報提供

漁業資源・漁場調査と情報提供

県名和歌山県
研究機関名和歌山県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~31
年度2015
概要目的:本県沿岸における漁業重要魚種(TAC対象魚種等)の生物情報や海洋情報を収集し、その結果を(国研)水産総合研究センターに報告し、(国研)水産総合研究センター、関係府県とともに魚種別系群別の資源評価及び漁海況予測を行う。得られた結果を本県漁業者にフィードバックする。、成果:①人工衛星海況速報(随時)を作成し、関係機関、漁業者等に情報提供した。、②主要水揚港においてTAC対象魚種、資源評価対象魚種の漁獲情報、資源データ等を収集し、(国研)水産総合研究センターにおいてとりまとめ、資源評価を行った。
研究分担資源海洋部
予算区分受託(国立研究開発法人)
業績(1)紀伊水道における漁業資源の変遷と現状
(2)ひき縄漁業者の操業日誌から算出した和歌山県沖へのカツオ来遊豊度の長期変動傾向
(3)ひき縄漁業者の操業日誌から算出した和歌山県周辺海域における春季カツオ来遊豊度の長期変動傾向
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232138
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat