水田営農の収益性を向上させる経営改善手法の確立

水田営農の収益性を向上させる経営改善手法の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2015
概要目的:優良な生産実績を上げている経営体の実態を調査し、参考になる経営モデルを作成する。また、水稲低コスト栽培法として、催芽籾湛水直播栽培技術を確立する。、結果の概要、成果:県内の大型水田作経営体9事例について聞き取り等により2014 年の経営実態を調査し、分析を行った。催芽籾播種は代かき翌日播種、播種量は5~7kg/10a(が適、当であった。
研究分担作物研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232165
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat