梨作り新時代を拓く新品種の特性解明による高品質果実生産技術の確立

梨作り新時代を拓く新品種の特性解明による高品質果実生産技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継、H26~30
年度2015
概要目的:晩生青ナシにおける袋の種類と被袋時期の違いが果実品質へ及ぼす影響を検討した。、成果:‘甘太’、‘爽甘’の栽培に適した袋の種類や被袋時期を検討した結果、小袋大袋の2回掛けでは果点が目立ち、無袋では赤ナシのような見た目であった。大袋1回掛けはサビがまだらな果実となった。
研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232173
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat