低コスト再造林・保育技術の確立

低コスト再造林・保育技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:再造林にかかる経費を低減する植栽方法・保育手法を検証し、コスト低減が可能な造林・保育技術を確立する。、得られた成果:従来どおりの下刈方法である低刈と高刈の行程調査を行った結果、高刈は低刈と比較して作業効率が良い結果となった。刃の損耗状況や、燃料消費量から高刈は人、機械の両面で負担が軽減され、作業条件が厳しくなるほど高刈と低刈の作業効率の差が大きくなる傾向がみられた。
研究分担森林管理研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232224
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat