果樹導入品種の選定

果樹導入品種の選定

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S42~
年度2015
概要1. モモ、本県に適応するモモ優良品種を選定するため、「夢あさま、なつごころ、清水白桃I系、恵白、冬桃がたり」について検討を行った。、その結果、「清水白桃I系」は「清水白桃」に比べて、収穫時期がやや早いものの、果実重がやや小さいため中止とした。その他品種は樹齢が若く、成木時の特性把握が必要なことから、継続調査とした。、2. ブドウ、本県に適応するブドウ優良品種を選定するため、「ウインク、サニードルチェ、コトピー、マスカットジパング」について検討を行った。、その結果、「ウインク」は果粒重、糖度は優れるものの、着色が劣り、「サニードルチェ」は外観が優れるものの、糖度が低く、裂皮が多く発生した。ただし、両品種とも問題はあるが、樹齢が若く、「コトピー、マスカットジパング」は未結実であるため、全品種とも継続調査とした。、3. ナシ、本県に適応するナシの優良品種を選定するため、「なつしずく、愛甘水、若光、王秋」について検討を行った。、その結果、「王秋」は本品種で問題となる果肉のコルク状褐変は少なかった。また、いずれの品種も樹齢が若いため継続調査とした。、、
研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat