機能性果実袋によるナシの果肉障害対策試験

機能性果実袋によるナシの果肉障害対策試験

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要ナシ用の機能性果実袋の実用性を「新高」を供試して検討した結果、試験期間を通してみつ症や煮え果などの果肉障害が抑制された。また、裂皮の発生も少ない傾向が認められ、被袋による外観や内部品質への影響はなかったことから有望であると考えられた。試験開始当初には通気性に問題があったが、酸化チタン塗料及び塗布方法の改良に伴い、一定の通気性も確保されたため、ほぼ実用レベルに近づいた。本年度はモモの機能性果実袋用の酸化チタン塗料を用いて果実袋を作成し、被袋試験を行ったが、わずかに塗装の剥がれが認められたため、塗布する紙質に合わせた塗料等の調整が必要であることが今後の課題として残った。、
研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232386
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat