農地土壌炭素貯留等基礎調査事業

農地土壌炭素貯留等基礎調査事業

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~32
年度2015
概要県内農地の土壌炭素貯留量及び炭素貯留量と農地管理方法との関係を調査した。、1.県内に20地点の調査定点を設け、深さ30cmまでの土壌炭素貯留量を測定した。調査は水田15地点、樹園地5地点を対象に実施した。その結果、1ha当たりの土壌炭素量は、水田では低地水田土が37.5t、灰色低地土が45.8t、樹園地では黄色土が49.7t、褐色森林土が28.1tであった。、2.所内の水田及び普通畑で有機物施用と土壌炭素貯留量との関係を調査した。その結果、水田の1ha当たりの土壌炭素量は、稲わらを連用した土壌に比べて、稲わらと麦わらを連用した土壌で約6t、稲わらと堆肥を連用した土壌で約14t増加した。また、普通畑の1ha当たりの土壌炭素量は、有機物を施用していない土壌に比べて、堆肥を10a当たり1.5t連用した土壌で約17t、堆肥を3t連用した土壌で約26t増加した。、
研究分担環境研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232411
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat