イチジクとイヌビワの種間交雑実生からの新たな株枯病抵抗性台木候補の選抜

イチジクとイヌビワの種間交雑実生からの新たな株枯病抵抗性台木候補の選抜

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27
年度2015
概要有望6系統について,クローン苗10個体を揃えた反復の有る接種試験を実施した。対照品種の‘桝井ドーフィン’が接種12日目に全て枯死する条件下において,有望6系統はいずれも接種60日目まで株枯病による枯死は確認されず,強い抵抗性を有することが示された。今後,台木として実用性を評価するため,挿木繁殖性と栽培品種との接ぎ木親和性を調査する必要がある。
研究分担果樹研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232490
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat