持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発

持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要約1,000Jm-2でトマト苗にUV-Bを照射すると,UV障害も軽く,ToMV発病程度は無照射の約1/2に抑制された。可視光LEDモジュールにUV-B LEDを実装したモジュールを使用してトマト苗に光を照射した結果,ToMV重症株率は照射区で有意に低かった。また,照射量を約1,000Jm-2d-1に設定したため,顕著なUV障害は発生しなかった。平成26年度に選定した5種の植物を露地圃場に定植し,天敵に対する影響を調査した結果,ヒメハナカメムシ類の天敵温存植物を中山間地の露地ナス栽培で利用する場合,栽培初期にアリッサム,梅雨以降はバジルあるいはスカエボラの体系が考えられた。半促成トマト栽培施設において,アセチル化グリセリドがタバココナジラミ寄生およびTYLCV感染拡大に及ぼす影響を明らかにするため,ハウスにタバココナジラミ成虫を放飼した。その後,AG散布区でのタバココナジラミ成虫の発生量および増殖率は低く推移した。
研究分担生産環境研究部
予算区分受託(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat