和牛用TMR生産・利用技術の普及移転

和牛用TMR生産・利用技術の普及移転

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27
年度2015
概要目的:TMR技術の普及移転を促進し,県産和牛の生産基盤安定化を進める。、成果:地域未利用資源を原料とした配合メニュー作成,実験室規模および実規模で調製したTMRの発酵品質および嗜好性を調査,めん羊への給与試験により栄養性を評価,和牛への給与実証を行った。
研究分担飼養技術研究部
予算区分県単
業績(1)黒毛和種去勢肥育牛に給与した微細断高糖分飼料稲WCS混合発酵TMRの消化率
(2)肥育牛への飼料イネ「たちすずか」TMR給与による生産への効果
(3)H27 年度総合技術研究所畜産技術センター成果発表会および広島県飼料稲活用・普及検討会 合同研修会
(4)微細断収穫機を用いて冬季に収穫調製した極短穂型稲WCSの品質
(5)微細断極短穂型飼料稲WCSの給与が黒毛和種去勢牛の肥育成績に及ばす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232514
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat