白オクラのブランチング冷凍貯蔵技術の確立

白オクラのブランチング冷凍貯蔵技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-29
年度2015
概要目的、 山口県の伝統野菜白オクラは、粘りと抗酸化性に特徴を持った野菜である。栽培面積は20a、生産農家は9戸(平成25年度)と小規模生産であるが、長門市は市の特産野菜として振興品目に位置づけ、生産拡大を図っている。しかし、白オクラは、曲がり、傷つき等の規格外品が全体の約4割を占めることから生産振興の妨げとなっている。その対策として、主に規格外品を冷凍貯蔵し、白オクラに適するブランチング条件を確立する。、
研究分担食品
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232568
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat