山口型放牧の更なる省力管理技術の確立

山口型放牧の更なる省力管理技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~29
年度2015
概要目的:放牧牛の暑熱対策や牧柵の漏電防止について検討し、更なる省力化を図ると共に、中山間地域における耕作放棄地等を周年的に放牧利用するための牧養力向上技術の確立を図る。        結果: 暑熱対策として、遮光素材と庇陰施設は同程度の効果を示し、最も有効なものは冷感素材である。新牧柵として、点滅ロープと電牧線を用いた馴致により、点滅ロープの忌避効果を確認出来たが、長期的な効果は期待できない。短草型草地にイタリアンを追播した後、放牧により踏圧をかけることはイタリアンの発芽率に良い影響を与える。
研究分担放牧環境研究室
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232655
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat