酒類製造副産物を活用した肉豚肥育技術

酒類製造副産物を活用した肉豚肥育技術

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2015
概要目的:産業廃棄物として処理される液化仕込みの酒粕と蒸米仕込みで製造された酒粕を肥育豚に給与し、それぞれの飼料特性と給与技術を解明すると共に肉質特性を調査する。            成果:蒸米仕込みの酒粕を肥育後期のみ給与すると105kg到達日齢が対照区に比べ遅延したが、肥育全期間給与すると短縮した。また、枝肉成績についても、出荷体重が影響する枝肉歩留以外の各項目間に有意な差はなかった。
研究分担放牧環境研究室
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232660
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat