水田有効活用園芸作物等導入促進事業、 2生産環境改善技術の開発、 1)大型トンネルの構造の検討

水田有効活用園芸作物等導入促進事業、 2生産環境改善技術の開発、 1)大型トンネルの構造の検討

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~H28
年度2015
概要目的:主要品目をはじめ市場ニーズに対応した売れる農産物づくりを進め、農業者の所得確保と産地維持のため、水田の有効活用につながる園芸作物等を選定・導入し、その栽培技術の実証、体系的な園芸作物の安定栽培技術確立を行う。、成果:前年度に鋼管による構造を選択しており、27年度はトンネルの棟高を変えて、草丈の高い作物への対応を試みたが、台風により棟高200cmの慣行仕様含め、すべての棟で被害があった。また。棟高が高い方の被害が大きいため、慣行仕様の棟高200cmを上限とし、風速の強い時には、被覆を外すなどの対応が望ましいと判断した。栽培作物も限定されることになる。、低コスト化に関しては、止水シートを廃止し、換気部に設置予定の防風ネットを延長し、土壌による押さえを施し、風による浮き上がり防止とした。これにより、止め資材の数量が減少し、補強のために棟部に通り直管を追加した、間口3m、桁行23mの試験トンネルでは、1.5万円コストが下がった。
研究分担野菜・花き部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232893
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat