種子イチゴイノベーションに向けた栽培体系と種苗供給体制の確立、2 生産者団体と連携した生産流通技術モデルの確立

種子イチゴイノベーションに向けた栽培体系と種苗供給体制の確立、2 生産者団体と連携した生産流通技術モデルの確立

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要目的:国内4研究機関が共同で育成した四季成り性を持つ種子繁殖型品種「系統23」(品種登録出願中)の花成特性を明らかにするとともに、栽培実証モデルを設定し、実用的な栽培技術を確立する。、成果:前年より規模を拡大し現地実証試験を行い、暫定的な栽培マニュアルに基づいた2次育苗および本圃直接定植による栽培を実施した。その結果、生育は良好であったことから、マニュアルの有効性が確認された。また、発生病害虫をモニターしたところ、定植法と病害虫の発生との間に明瞭な関係はなかった。なお、生産された果実については県外市場へ出荷し、確実に販売されている。
研究分担野菜・花き
予算区分受託(農水省)
業績(1)イチゴ種子繁殖型品種‘よつぼし’を利用した本圃直接定植技術の開発
(2)長日処理が一季成り性イチゴ促成栽培の出蕾期と生育に及ぼす影響(第2報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232917
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat