マルドリ方式・ICTなどを活用した省力的な高品質カンキツ安定生産技術体系とその実現のための傾斜地園地整備技術の実証

マルドリ方式・ICTなどを活用した省力的な高品質カンキツ安定生産技術体系とその実現のための傾斜地園地整備技術の実証

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H27
年度2015
概要目的:園地整備による成園化の2年短縮と、ICT活用と団地型マルドリ方式による低コストな高品質安定生産技術を実現し、産地ブランド力強化で600万円/人以上の所得が期待できる営農モデルを策定する。このため、府中果樹研究所は、屋根かけ栽培「不知火」の省力的な高品質安定生産技術を検証するとともに、異質な土壌の栽培ほ場への適応性について確認する。、成果:「不知火」の屋根かけ完熟栽培において、有孔の試作マルチシートを敷設し、毎日10分間(12L/樹相当)の点滴かん水を行った結果、曇天が続いた9月上中旬は目標より弱い水分ストレス状態で推移したが、天候の好転とともに目標範囲内に回復し、10~11月はやや強い水分ストレス状態で推移した。
研究分担府中果樹研究所
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030232940
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat