ニラ白斑葉枯病の総合防除技術開発

ニラ白斑葉枯病の総合防除技術開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:発病に関与する菌種と薬剤防除効果の関係を検討するとともに、湿度制御や光質利用などの防除効果を明らかにし、総合的な防除技術を開発する。、成果:温度や湿度などの発病が促進される条件が明らかとなった。除湿フィルムの有効性が確認できた。病害防除コントローラーにより接種後の結露値を100に制御すると、発病が抑制された。効果的な物理的防除につなげるため、ニラ白斑葉枯病が発生する結露値の条件を明らかにする必要がある。
研究分担病理担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233202
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat