九州におけるイネ縞葉枯病の総合的管理技術の開発

九州におけるイネ縞葉枯病の総合的管理技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~H29
年度2015
概要(目的)、・イネ縞葉枯を保毒したヒメトビウンカの発生と被害実態、及び各種薬剤への感受性を明らかにし、本病の総合的な被害低減管理技術を開発する。、(これまでの成果)、・ヒメトビウンカのイネ縞葉枯保毒虫は数%の頻度ではあるが、前作小麦ほ場、本田期、水稲収穫期のいずれの調査時期でも確認された(27年度)。、(今後の取り組み)、・調査中のヒメトビウンカの薬剤感受性を明らかにし、現地にて耕種的防除を組み合わせた本病の総合的防除体系を構築・実証する。
研究分担病害虫部
予算区分国庫補助、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233333
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat