コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術

コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要スギ再造林コスト低減のため、下刈り省略可能な林地条件の提示およびコンテナ苗の植栽適期を明らかにする。下刈りについてはスギと雑草木との競合関係解析から、スギ樹高170cmがその年の下刈り要否を検討するタイミングと考えられた。また、スギの成長は有効起伏量と地下開度との関係が高く、水分供給量が多い斜面下部では下刈り回数を減らすことができると考えられた。コンテナ苗については秋植栽でも春植栽と同等の活着率を示し、コンテナ苗は裸苗植栽適期外でも活用可能と考えられた。森林組合への普及を図る。
研究分担森林林業部
予算区分受託(農水省)
業績(1)下刈りがスギ幼齢木と雑草木の成長に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233381
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat