トマトの高品質安定生産技術の開発、(1)ハウス内環境を複合的に制御できる「福岡型園芸増収技術」の開発

トマトの高品質安定生産技術の開発、(1)ハウス内環境を複合的に制御できる「福岡型園芸増収技術」の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2015
概要目的:加温温度が異なる温室において畝土壌内の熱流量を計測し、夜間の暖房負荷軽減効果を評価した。、成果:夜間の加温機の設定を10℃から8℃に下げると被覆面の貫流伝熱による熱損失が軽減されるだけでなく、畝土壌表面における上向きの熱移動が増加した。
研究分担バイオマス部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233390
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat