5 生物多様性を活用した安定的農業生産技術の開発、2)水田の暖帯平野景観九州における代表種選定と生息条件に及ぼす農法の影響解明

5 生物多様性を活用した安定的農業生産技術の開発、2)水田の暖帯平野景観九州における代表種選定と生息条件に及ぼす農法の影響解明

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要目的:生物多様性に及ぼす農法の影響を明らかにするために、代表生物種で評価する手法を開発する。、成果:環境保全型圃場と慣行圃場を選定し、農法等に関するデータを得た。植物、餌動物、サギ類の行動の全てにおいて、農法より地域性の影響が大きいと判断された。
研究分担筑後分場
予算区分受託、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat