中山間地の新たな特産物になりうる園芸品目の創出

中山間地の新たな特産物になりうる園芸品目の創出

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~30
年度2015
概要目的:中山間地の活性化を促すためにその特徴を活かした中核的特産物を創出する。、成果:地床苗を用いた冬どりタマネギにおいて、4t/10aの収量が得られた。ニンニク4品種を供試した。雨よけハウスで、低カリウム野菜の栽培が可能であった。新たな品目としてスイカの小玉系、大玉系の2種類を供試した。
研究分担山間畑作
予算区分県単、・、受託
業績(1)露地早生タマネギセル成型ポット苗の最適植え付け深度
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat