ニホンナシ幸水の改植5年後反収3tをめざした早期収量確保技術の開発

ニホンナシ幸水の改植5年後反収3tをめざした早期収量確保技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~27
年度2015
概要目的:改植後の経営を安定化させ、改植への取り組みを増加させる。根域制限栽培を将来的な栽培モデルとして提案する。                成果:大苗育苗を行うことで、成園化までの期間を2年短縮することができ、改植5年後に反当3tの収量を確保できた。あわせて、根域制限栽培を行うことで省力化にもつながった。
研究分担落葉果樹研究担当
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233537
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat