環境変動下における品種に対応した生産安定化栽培技術の確立

環境変動下における品種に対応した生産安定化栽培技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県茶業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25~29
年度2015
概要目的:近年の地球温暖化など環境変化のに適応した品種毎の茶園管理技術を確立する。           、成果:休眠期の細根の酸素吸収速度は、さえみどり、やぶきたでは較差はなかったが、おくみどりは有意に遅かった。、標準品種であるやぶきたを用いた乾燥処理に対する吸水速度及び日中の気孔コンダクタンスは、樹体水分のストレス指標のLWPと同様の反応を示し、ストレス指標になりうることが示唆された。また、乾燥及び湛水状態が光合成活性を低下させることが明らかとなった。
研究分担茶樹研究
予算区分県単
業績(1)蒸し製玉緑茶用主要品種における直かけ被覆栽培が茶芽に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233546
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat