種苗生産技術開発

種苗生産技術開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県玄海水産振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13~
年度2015
概要目的:アカウニ、ナマコ、クロアワビ等の種苗量産レベルに達した魚種の安定生産、健苗育成、高密度大量生産等の試験研究を行う。、成果: アカウニは、疾病原因細菌の発生状況のモニタリングが可能となり、疾病の予防と発生後の迅速な対応が可能となった。マナマコでは、稚ナマコ期における海藻粉末の有効利用技術が作出され、飼育管理技術の改良につながった。また、稚ナマコ飼育時の有害生物であるチグリオパスの除去方法として、炭酸ガスの有効性を明らかにした。クロアワビでは、親アワビを無菌あるいは減菌した飼育環境で飼育し、疾病を防ぐ技術の開発を進めつつある。
研究分担種苗開発担当
予算区分県単
業績(1)種苗生産技術開発事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233578
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat