バレイショそうか病防除のための土壌酸度簡易評価手法の確立と現場普及

バレイショそうか病防除のための土壌酸度簡易評価手法の確立と現場普及

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27~H29
年度2015
概要バレイショ生産量のトップ3を占める北海道、長崎県、鹿児島県の主要な土壌タイプでpH(KCl) とy1、そうか病発病度、バレイショの生育、菌数、菌叢等との関係を解析し、酸度管理のためのpH(KCl)の基準値を提示する。また農家や普及員が直接pH(KCl)を測定するための分析操作の簡略化や装置の選定を行いマニュアル化する。
研究分担馬鈴薯
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat