遺伝資源収集・保存及び活用

遺伝資源収集・保存及び活用

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S61~
年度2015
概要目的:多様化している消費動向に対応する本県オリジナル品種を育成するために、幅広く遺伝資源を収集・保存し、特性調査等を行う。、成果:【作物】水稲について栽培特性を調査し、更新した。、【野菜】黒皮カボチャ、ワケギ、スイゼンジナ、熊本長ナス系統等の種子の更新を行った。、【花き】 肥後ギク、ハナショウブ、バラ、カラー等を収集・保存している。、【バイオ育種】トウガラシ近縁種、クワ、グリーン系カラー、遺伝子組換え植物(リンドウ、タバコ)、天敵微生物(糸状菌、細菌類)を保存している。
研究分担農産園芸研究所 バイオ育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat