新エネルギーを活用した促成トマト高収益栽培技術確立

新エネルギーを活用した促成トマト高収益栽培技術確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要目的:新エネルギー利用促進と燃油コスト削減を目的に木質ペレット暖房機が導入されているが、導入コストの面から、利用にあたっては重油暖房機との併用運転が主流となっている。そこで、併用加温時の最も効率的なダクト配置方法や温度管理方法を確立し、収益性の向上を図る。、成果:低高2段階燃焼の木質ペレット暖房機について重油暖房機との併用優先運転時の両暖房機の設定温度差と燃料消費量割合を明らかにした。
研究分担生産環境研究所 施設経営研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233784
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat