牛枝肉格付の斉一化のための哺育育成技術の開発

牛枝肉格付の斉一化のための哺育育成技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~H27
年度2015
概要目的:発育の初期段階での高栄養飼養法である強化哺育や強化育成は、良好な発育と肥満体質の獲得ができ、肉量が多く、脂肪交雑が良好な斉一化された枝肉格付が期待できることから強化哺育と強化育成の肉質への影響等について検討した。、成果:褐毛和種で代用乳を最高9kg給与する強化哺育を実施したところ、1日当たり増体量は1kg以上となり良い発育を示したが、育成期は慣行育成より増体は悪く、肥育期では増体が良くなった。枝肉成績は慣行区と差がなかった。
研究分担畜産研究所 大家畜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat