潜在性ルーメンアシドーシス(SARA)予防による乳牛の健全性向上

潜在性ルーメンアシドーシス(SARA)予防による乳牛の健全性向上

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要目的:分娩前後の初産牛を供試し、ルーメンpHやエンドトキシン発生をモニタリングすることで、生産病の原因となる潜在性ルーメンアシドーシスの発症メカニズムを解明する。また、代謝性内分泌、ルーメン菌叢、繁殖機能等を調査し、乳牛の健全性と生産性に及ぼす影響を明らかにする。、成果:SARA予防のためには、飼料の組成、特にい消化性炭水化物の含量を考慮し、NFC水準をやや低めに設定する必要がある。
研究分担畜産研究所 大家畜研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233802
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat