飼料用稲(飼料用米・イネWCS)を最大限に活用した飼料供給システムの実証

飼料用稲(飼料用米・イネWCS)を最大限に活用した飼料供給システムの実証

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H27
年度2015
概要目的:飼料コスト削減、飼料自給率の向上を目的に飼料用稲の生産・調製・TMRの開発および牛への給与の現地実証試験を行い、飼料供給体制を確立する。、成果:飼料用米サイレージの製造プラントを開発し、その特徴明らかにした。発酵TMRは、牛の嗜好性は良く対照区と比較し同程度以上の発育等であった。
研究分担畜産研究所 飼料研究室
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat