カキ「太秋」におけるチョウ目害虫の減農薬防除体系の確立

カキ「太秋」におけるチョウ目害虫の減農薬防除体系の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要カキ「太秋」では、チョウ目害虫類が終期に多発して被害が増加している。「太秋」の高品質生産安定のため、化学合成農薬による病害虫防除回数が多い傾向にある。そこで、生産コスト削減および環境保全の観点から、防除適期の解明と交信かく乱剤などの化学合成農薬に依存しない減農薬防除体系の確立が急務となっている。試験では、チョウ目害虫のフェロモントラップを設置して定期的に発生状況を調査し、併せて被害芽、被害果および虫糞を調査した。
研究分担果樹研究所 病虫化学研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233839
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat