露地及び簡易施設による低コスト栽培技術の確立、1)露地における低コスト栽培技術、2)簡易施設による低コスト栽培技術、3)施設の効率的使用利用法の検討、

露地及び簡易施設による低コスト栽培技術の確立、1)露地における低コスト栽培技術、2)簡易施設による低コスト栽培技術、3)施設の効率的使用利用法の検討、

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:ヤマジノギクの育種と冬季出荷技術を確立する。アイアイン系ストックの年内出荷技術の確立を図る。、、成果:ヤマジノギクは濃い紫色の3系統を現地栽培に供した。また、ホオズキハウスと組み合わせるため、12月出荷技術及び1月電照栽培の技術確立を行った。ストックはアイアン系品種の年内出荷率及び品質を向上させるため、効果的なビビフル剤の使用方法を検討した。
研究分担農業研究部・花きグループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030233924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat