「プラス宮崎」で挑むブランド産地強化事、業、

「プラス宮崎」で挑むブランド産地強化事、業、

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2015
概要 ピーマンの栄養機能表示販売を目指し、宮崎方式ビタミンC分析法と日本食品分析センターによる公定法との同等性を確認、評価した。、 残留農薬については、10成分の分析技術を開発し、迅速に分析できる成分を合計450成分とした。
研究分担生産流通部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234012
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat