土壌水分調節技術を活用した作物の安定栽培法の確立、1)麦の作況調査

土壌水分調節技術を活用した作物の安定栽培法の確立、1)麦の作況調査

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要1)小麦「ニシカゼコムギ」では、出穂期は平年より10日遅い4月2日、成熟期の生育は平年と比べて稈長は短く、穂数は少なく収量は35.2kg/aで(平年比77%)であった。大麦「ニシノホシ」では、出穂期は平年より6日遅い3月22日、成熟期の生育は平年と比べて稈長はやや長く、穂長、穂数は平年並みで、収量は45.7kg/a(平年比90%)であった。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234058
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat