技術革新で目指せ「特A」宮崎米生産技術の確立、3)早期水稲「夏の笑み」における基肥及び追肥への有機質施肥等が収量・品質及び食味に及ぼす影響

技術革新で目指せ「特A」宮崎米生産技術の確立、3)早期水稲「夏の笑み」における基肥及び追肥への有機質施肥等が収量・品質及び食味に及ぼす影響

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要3)「夏の笑み」は、基肥への牛ふん堆肥施肥により㎡当たり籾数が増加し、収量は化学肥料施用と同程度になるが、玄米タンパク含有率は高くなった。、  基肥を化学肥料とし、穂肥を有機質肥料にすると、収量は化学肥料単用と同程度になり、玄米タンパク含有率が低くなる傾向が見られた。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234079
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat