多様なニーズに対応する特色ある水稲新品種の育成

多様なニーズに対応する特色ある水稲新品種の育成

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2015
概要 主食用品種では、早期水稲良食味系統の「宮崎51号」、「宮崎52号」を育成した。、 加工用米品種では、普通期水稲多収系統の「南海181号」を「み系358」と命名し品種登録出願を行った。また、普通期水稲良質・多収系統の「南海185号」を育成した。、 来年度に収量調査を行う有望系統として、早期水稲45系統、普通期水稲158系統を選抜した。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234090
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat