ピーマンにおける新しい線虫抵抗性台木品種の育成及び経営安定生産技術の確立

ピーマンにおける新しい線虫抵抗性台木品種の育成及び経営安定生産技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要 トバモウイルス抵抗性L3因子を持つ線虫抵抗性を始めとしたピーマンの複合病害抵抗性台木用系統である「試交20号」の栽培技術として、総施肥量を同じくした基肥と追肥のバランスについて、基肥を20%減らしても初期収量は減少せず、追肥を20%増やすことで、年明け以降の収穫の山が早くくることを明らかにした。
研究分担野菜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat