環境資材を利用した花きの安定生産技術の開発

環境資材を利用した花きの安定生産技術の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要1)CO2施用効果の確認、 局所施用すると、ラナンキュラスでは切り花本数が増加し切り花品質が向上したが、スイートピーではその効果が判然としなかった。、2)スイートピー定植時の地温管理、 定植時から畝面にホースを設置し、冷水を流し地温低下を検討したが生育に大きな差は認められなかった。、3)スイートピー根粒菌を接種した際の初期生育、 県内4箇所の根粒菌か歩合種を行ったが、機器の故障により試験できなかった。、4)エラータム系デルフィニウムにおける育苗容器の大きさと生育開花、 抽だいしやすい品種は、育苗容器を小さくすると抽だいしにくくなり、切り花長が長大な品種は、育苗容器を 小さくするとコンパクトにできるが軟弱となった。
研究分担花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234103
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat