温暖化品対応品種の選定と生理障害への対策技術確立、2)生理障害対策技術の確立

温暖化品対応品種の選定と生理障害への対策技術確立、2)生理障害対策技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要2)-1 ブドウの着色不良対策、・ブドウ「ピオーネ」の環状剥皮処理技術の確立、 環状剥皮処理を行うことで、果皮の着色が向上した。処理日数は満開55日後、45日後、35日後の順に果皮の着色が向上した。環状剥皮処理を行うことで一粒重、Brix、酸含量に差はなかった。、・ブドウ「サニールージュ」の環状剥皮処理技術の確立、 満開30~40日後に1cm幅で環状剥皮処理を行うことで、着色が優れた。、2)-2 ブドウの果皮障害対策 、・ブドウ「ハニービーナス」の黄化の発生抑制、 青袋または緑袋をかけることで収穫果房の果皮色は緑色が保たれ、黄化の発生が抑制された。、・ブドウ「クイーンニーナ」の斑状着色果皮障害対策、満開40~50日後に亜リン酸液肥を果房散布することで、斑状着色果皮障害の発生を抑制することができた。、
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234132
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat