地域作物の優良系統育成と遺伝的多様性を活かした新しい食材の開発

地域作物の優良系統育成と遺伝的多様性を活かした新しい食材の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要1)アブラナ科地域作物のスプラウト利用、 イラカブは20℃、クマナは20℃~25℃、いずれも暗黒下で栽培後、光源下で緑化することによってスプラウト利用が可能である。栽培前には24時間浸種を行う。、2)ハトムギ品種「あきしずく」、「とりいずみ」の特性、 ハトムギ品種「あきしずく」、「とりいずみ」を7月下旬には種したとき、出穂期・成熟期等は同等で、「あきしずく」の収量が高い。
研究分担薬草・地域作物センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234178
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat