新生宮崎の畜産を実現するための肉用牛飼養管理技術の確立

新生宮崎の畜産を実現するための肉用牛飼養管理技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~、H28
年度2015
概要子牛の生産性向上や繁殖牛、肥育牛の飼料費低減等を目的として、国産飼料を有効に活用し、持続性のある効率的な肉用牛飼養管理技術を確立する。、成果:(1)子牛の発育に影響する泌乳量を調査したところ累積泌乳量と子牛DGには相関があった。                             、(2)飼料コストの削減を目的に、黒毛和種去勢肥育牛への飼料給与量をDG0.75で制限して給与したところ、飽食肥育と遜色ない発育および枝肉成績が得られた。
研究分担肉用牛部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234182
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat