乳牛の生涯生産性向上のための育種手法の開発

乳牛の生涯生産性向上のための育種手法の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~、H31
年度2015
概要 酪農の生産性を高めるためには、1頭あたりの生涯生産性を高める必要がある。これまで、遺伝的改良や飼養環境の改善により産次あたりの乳量が増加してきたものの、近年では、その増加は小さくなっている。そこで、生涯生産性を向上するために、搾乳牛のエネルギーバランスの状態を泌乳形質から推定する手法を開発する。
研究分担酪農飼料部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234193
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat