地球温暖化に利用した農業生産技術等の研究・開発

地球温暖化に利用した農業生産技術等の研究・開発

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2015
概要野菜及び果樹について,温暖化に伴って期待される施設等の被覆の簡易化による低コスト栽培技術や新たな作型の開発を図る。併せて高温の影響を回避・軽減するための生産安定技術の確立を図るとともに,霜害など新たな課題に対する栽培技術確立を図る。
研究分担園芸作物部野菜研究室,大隅支場園芸作物研究室,熊毛支場園芸研究室,徳之島支場園芸土壌研究室,果樹部栽培研究室,果樹部北薩分場
予算区分県単
業績(1)露地抑制インゲンマメにおける高温が発芽と欠株発生に及ぼす影響
(2)ヒートポンプを併用した温湿度管理がマンゴの果実品質及び暖房コストに及ぼす影響
(3)ヒートポンプを併用した温湿度管理がマンゴーの果実品質および暖房コストに及ぼす影響
(4)休眠打破剤を利用したブドウ「ピオーネ」の収穫期前進化
(5)だいこんの簡易被覆による4月どり栽培技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234284
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat