肥料コスト低減のための「現場対応型迅速土壌診断手法」確立とその普及

肥料コスト低減のための「現場対応型迅速土壌診断手法」確立とその普及

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2015
概要 肥料原料価格は依然として高止まりにあり,経営費を圧迫し,さらなる肥料コストの縮減が求められている。肥料コスト縮減には生産ほ場の土壌養分を評価することが必要であるが,現場で迅速かつ安価に評価する手法の確立あるいは普及が十分でない。、 そこで,最近開発された土壌可給態窒素の簡易測定法等の現場適応性を検証改良し,より迅速・簡便・安価な手法を確立し,肥料コスト削減に資する。
研究分担生産環境部土壌環境研究室,企画調整部普及情報課
予算区分受託、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030234325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat